アトピー肌のためのスキンケア方法は?

スキンケア方法と、保湿剤の選び方、日常生活について紹介します

保湿ケア以外に気を付けることは?

18年03月29日

未分類

保湿ケア以外に気を付けることは? はコメントを受け付けていません。


お風呂アトピー肌は刺激に敏感だということを念頭に置いて、日常生活を送ることで、あかみやかゆみ、湿疹といった症状を緩和させることが可能です。刺激は乾燥だけではなく、外から受ける物理的な刺激もあり、こちらについても注意が必要です。たとえば衣服に使用されている素材によっては症状が現れるというケースもありますし、少し手でこすっただけでもお肌が敏感に反応してしまうこともあります。かゆいからといって指先で引っ掻いてしまうと症状が悪化しますので注意が必要です。外部からのちょっとした衝撃にも気を配って生活を送るようにしましょう。

この他にも、お肌の表面が汚れてしまっている状態も、かゆみや湿疹の原因になります。外出して汗をかいた後、そのままの状態でいることも避けた方が良いでしょう。また、自宅に居たとしても、ハウスダストなどの影響を受けることもあります。お部屋は常に清潔に保っていることも、アトピー肌を悪化させないためには大切です。帰宅後はお風呂に入ってお肌の汚れをしっかりと落とす、あるいは洗顔だけは先に行うといったように、清潔な状態を保つように心掛けましょう。もちろん洗った後にはスキンケアを行って、お肌の水分を逃がさないことも大切です。

どの保湿剤を選ぶべきか?

18年03月22日

未分類

どの保湿剤を選ぶべきか? はコメントを受け付けていません。


肌を包むアトピー肌のスキンケアに用いる保湿剤は、2種類の目的に応じて選ぶようにしましょう。1つめのお肌を保護するスキンケアに使用される保湿剤は、主にワセリンとなります。アトピー肌の場合、ちょっとしたことでも刺激になり、炎症が悪化してしまう可能性がありますので、精製度の高いワセリンを使用すると良いでしょう。この他の保湿剤としてはボディクリームなどの保湿クリームがありますが、こちらについても可能な限り低刺激のものを選んでください。無添加であることは絶対条件で、さらに保湿剤に配合されている成分についても見て選ぶ必要があります。オレイン酸が含まれている保湿剤だと、角質層内の脂質バランスを崩してしまう可能性がありますので注意してください。

軽度のアトピー肌であれば、水分を保持するアトピー用スキンケアを行うことでも症状が緩和されます。こちらの場合には基礎化粧品の化粧水や乳液を使用することで、お肌の水分を保持することができます。こちらも低刺激な保湿剤を選ぶ必要があります。具体的に含まれていて良いものは、アミノ酸類、グリセリン、尿素、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、天然保湿因子、セラミド、スフィンゴ脂質、水素添加大豆レシチンといった成分です。基礎化粧品の成分表に注目して、保湿剤選びを進めてみてください。

アトピー肌のための保湿ケアは2種類!

18年03月20日

未分類

アトピー肌のための保湿ケアは2種類! はコメントを受け付けていません。


ワセリンアトピー肌に必要なスキンケアは、バリア機能を補う目的のケアと、お肌の水分を維持する目的のケアの2種類です。まずはお肌のバリア機能を補う保湿ケアについてです。こちらは主にワセリンを用いたスキンケアとなります。ワセリンは水分を与えるのではなく、外部から異物が入り込むことを防ぐために使います。お風呂から出た直後、10分以内に塗るのが望ましいです。また、外出時にはお肌が乾燥による刺激にさらされることになりますので、外出前に塗ることも有効です。冬場は特に乾燥しやすい時期で、放血しておくとかゆみや湿疹が発生しやすいため、ワセリンを使用するのも良いでしょう。

お肌の水分を維持するスキンケアは、一般的な保湿ケアと同様のタイミングで行うと良いでしょう。化粧水によってお肌に水分を与え、保湿剤を用いて水分を閉じ込めるという形になります。ケアのタイミングとしては、洗顔の直後が望ましいです。洗顔料を用いてお肌についた汚れをしっかりと洗い流し、直後に化粧水と保湿剤を使ってお肌の潤いを保つようにしましょう。どちらのスキンケアにも言えるのは、保湿することでアトピーの発生を抑制できるということです。ただし、外部刺激からお肌を保護する目的か、あるいは水分を長時間お肌に留めておくという目的か、それぞれで目指すところは違い、使用する保湿剤も異なるという点には注意が必要です。

アトピー肌ってなに?スキンケアの方法は?

18年03月19日

未分類

アトピー肌ってなに?スキンケアの方法は? はコメントを受け付けていません。


アトピー性皮膚炎は、外部からなんらかの刺激が与えられると湿疹が出て、かゆみが発生してしまう皮膚の病気です。アトピー肌は湿疹とかゆみが出てしまうお肌のことを指し、これらの症状で悩みを抱えている人も多いことでしょう。症状は現れることもあれば、すぐに治まることもあり、重い症状でなければ自宅で行うスキンケアによって症状を緩和させることも可能です。もしも重い症状が出た場合には、皮膚科へ行ってステロイド外用薬や免疫抑制外用薬を処方してもらってください。

女性アトピー肌の原因は、お肌の角質層にあります。お肌の角質層は主にセラミドという成分で構成されていますが、アトピー肌ではこのセラミドが健康なお肌よりも少なくなっています。セラミドはお肌の水分を留めておく役割や、外部からの刺激からお肌を守るという役割を担っています。そのためアトピー肌の場合には通常よりもお肌が乾燥しやすく、刺激の影響が現れやすいという特徴があります。外部から刺激を受けると、肌内部の組織はその刺激から過剰に守ろうと働き、かゆみやあかみ、湿疹といった症状へとつながります。アトピー肌は、セラミドが少ないことにより、刺激を肌表面で食い止められず、かゆみや湿疹といった症状が出るというわけですね。

アトピー肌のスキンケアに必要なことは、不足しているバリア機能を補ってあげることと、水分量を保ってあげることの2種類です。当サイトでは、アトピー肌のためのスキンケア方法と、保湿剤の選び方、日常生活で気を付けるべきことについてご紹介していきます。